お肌の美容効果

ハリ感や乾燥の改善だけでなくたるみやクマの改善も!特徴とケア方法

投稿日:


お肌のハリやうるおいを保つラメラエッセンスですが、お肌をきれいに保つためにはハリやうるおいだけをケアしていけばよいというわけではありませ。

たるみやクマなどの老化サインに対してもきちんと対策し、ケアしていく必要があるのです。

ですので、ここではラメラエッセンスCでケアするだけでなく、たるみやクマに効果的な方法についてもご紹介していこうと思います。

たるみの種類とケアの方法

たるみの種類と各特徴、ケア方法についてご紹介していきます

たるみ毛穴の特徴

若いうちは真皮にコラーゲンが十分にあり、毛穴をまわりから支えていますが、それが年齢とともにゆるむことで毛穴が開いてきます。

これが、たるみ毛穴です。

たるみの初期の症状だといえます。

たるみ毛穴のケア方法

シワのケアと同じになりますので、ピーリング、レチノール、ビタミンC誘導体などが有効です。

涙袋の特徴

目もとが老化するにつれ、眼球のまわりの脂肪を支える下まぶたの皮膚がたるみ、ぷくっとふくらんでくるようになります。

初期は「クマが目立ってきた」と感じる人が多いよう。

これが進行するとポケットのような「涙袋」に変化します。

涙袋のケア方法

これもシワと同じケア。

すなわちピーリングやレチノール等、コラーゲンに働きかけるものを使います。

二重あごの特徴

太っていないのに二重あごになるのは、フェイスラインがたるんできた証拠です。

ほおからあごにかけての脂肪を皮膚が支えきれなくなって、二重あごになります。

あごのシャープな線が失われてきたら要注意。

二重あごのケア方法

コラーゲンを増やすスキンケアも必要ですが、皮膚が厚いのですぐには改善しません。

ペットボトルを使ったトレー二ングなどであごの筋肉を鍛えることも有効。

ほうれいせんの特徴

ほうれいせんとは口の両側のシワ。

他の表情ジワと違いたるみによるものなので、無表情でいる時も消えません。

加齢により口元の皮膚がたるみ、同時にほおの脂肪が下がってくることが原因です

ほうれいせんのケア方法

他のシワと比べて深いので、残念ながらシワ防止用の化粧品などで改善するのは難しいでしょう。

コラーゲン注入で改善されます。

クマの種類と予防

目にできるクマの種類と各特徴、ケア方法についてご紹介していきます。

青グマの特徴

目の周囲は目を動かすために血液が集まっています。

目が疲れると血液がよどみ、薄いまぶたの皮膚を通して透けて見えるのが青グマです。

色が白い人やまぶたの薄い人は目立つ傾向にあります。

冷え症で血行の悪い人にもよく見られます。

青グマのケア方法

目の周囲は目を動かすために血液が集まっています。

目が疲れると血液がよどみ、薄いまぶたの皮膚を遇して透けて見えるのが青グマです。

色が白い人やまぶたの薄い人は目立つ傾向にあります。

冷え症で血行の悪い人にもよく見られます。

黒グマの特徴

もともと薄い下まぶたの皮膚が年齢とともにさらに薄くなり、弾力も失われていきます。

そして眼下脂肪を支えられなくなり前にせり出してきます。

そこに影ができて、黒っぽく見えるので、黒クマと呼ばれます。

いちばん多いタイプのクマです。

黒グマのケア方法

シミではないので、コンシーラーでは隠れません。

皮膚のたるみが原因なので、青グマと同様、コラーゲンを増やすお手入れを。

むくみ体質の人は塩分や冷たい飲み物をひかえて。

改善がむずかしいクマなので、どうしても気になる人は美容外科でたるみを取る手術を受ける方法もあります。

茶グマの特徴

目の下に小さなシミができ、それが連なってクマのように見えるもの。

また、目をこするくせや目もとに湿しんがある人は、まぶたの角質が厚くなります。

これがくすみとなり、クマのようになることもあります。

これを茶グマと呼びます。

茶グマのケア方法

ケアは通常のシミに対するものと同じです。

厚くなった角質に対してはピーリングをおこないましょう。

ただし、湿しんができやすい人や、かゆみなどの症状が伴う場合は、まずは皮膚科医に相談しましょう。

-お肌の美容効果

Copyright© ラメラエッセンスを買う前に知りたい悪い口コミから失敗を防ぐ! , 2018 AllRights Reserved.