お肌の美容効果

美肌でい続けるために絶対知っておきたい、お肌の基礎知識

投稿日:

ラメラエッセンスCを使う前に、まずお肌の基礎的な知識を知っておくことが大切です。

ここではそんなお肌の基礎中の基礎である「肌の潤い」「ターンオーバー」「角質のバリア機能について」などをご紹介していきます!

肌の潤い

美肌の絶対条件は「潤い」。

でも、その仕組みを理解していないと間違ったケアをしてしまう可能性も… 。

肌の潤いとは?

肌の潤いは、外から与えるものではなく、もともと肌の中にあるものです。

肌の潤い=セラミドやNMF(天然保湿因子)は表皮のなかでつくられるのです。

肌にとって最も大切なのは、その潤いが外に飛んでいかないように、肌の中にとどめること。

それが、潤いを保つ「保湿ケア」なのです。

保湿のお手入れとは?

まず、肌の上で潤いをとどめる皮脂と同じ働きをする油分を補うこと。

次に、肌の潤い成分=セラミドやNMF (天然保湿因子)と同じような働きをする保湿成分を補うこと。

どんなに保湿成分を補っても肌表面が油分でコーティングされていなくては潤いを肌にとどめることはできません。

保湿にはラメラエッセンスCを使ってしっとり肌を維持しましょう!

ターンオーバー

肌は新しい細胞を生みだし、古い細胞を追い出します。

このターンオーバーの仕組みによって常に最新の美肌に生まれ変わるのです!

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは肌が生まれ変わる40~50日間のサイクルのことです。

肌細胞が基底膜で生まれるまでに14日、

表皮の中を押し上げられ角層に達するまでに14日、

角層で一生を終えアカとなり大往生するまでに14日。

ただし、年齢を重ねるとスピードタウンし、怪我や肌あれ部分では緊急事態ゆえにスピードアップします。

肌アレとターンオーバー

ターンオーバーを正常なサイクルで回すには、肌が十分な潤いで満たされることが条件。

しかし、肌が乾燥するとターンオーバーが狂い始め、そうなると未熟な細胞が送り出され肌アレが治らない、まさに悪循環に・・・。

ターンオーバーと肌の潤いには密接な関係が存在するのです。

角層のバリア機能

肌には、肌の中の潤いをキープし、

外からの物質の進入をガードする角層のバリア機能が存在するのです。

角層のバリア機能は、肌の生命線なのです。

角層のバリア機能とは?

肌の最表面には、何重にも重なり合った角層細胞と、そのすき間を埋める細胞間脂質、さらに肌表面を覆う皮脂、三重構造の角層のバリア機能があります。

これが、肌の中の潤いをとどめ、外から刺激物や紫外線などが進入しないように守る重要な役目を果たしています。

これなしに肌の健康は有り得ないのです。

バリア機能のお手入れは?

バリア機能を守る為に大切なのが、ズバリ保湿です!

潤いが不足すると角層がスカスカになってバリアも崩壊します。

そして肌の潤いも逃げてしまうし、あらゆる刺激に敏感に反応する肌になってしまいます。

敏感肌は角層バリアが破壊された肌のことで、

とくに乾燥肌や敏感肌は、手厚い保湿を心がけてください。

最近は、保湿にバリア修復の効果をプラスしたラメラエッセンスCがありますので大いにご活用ください!

保湿には、間違いなく「生コラーゲン」を使用しているラメラエッセンスCがおススメです!

-お肌の美容効果

Copyright© ラメラエッセンスを買う前に知りたい悪い口コミから失敗を防ぐ! , 2018 AllRights Reserved.