お肌の美容効果

若々しい肌を保つもっとも日常的な方法

更新日:

 お肌の老化や皮膚のたるみを防ぎ、若々しきを保つもっとも日常的な方法のひとつにラメラエッセンスを使用する方法があります。たしかにラメラエッセンスは、美肌を取り戻すための強い味方には速いありません。それだけに多くの女性たちは、化粧品や美容液選びに並々ならぬ神経を使っています。しかし、美容液の選択はけっして容易なことではありません。

自分の肌にぴったり合うと思って愛用していても、実はそうではなかったなどという例は後を絶たないのですまた、値段やブランドと品質、効果、配合成分の信頼性など、化粧品には常にさまざまな問題、もっと端的にいえば「疑惑」がつきまとっていると、多くの人が感じています。しかし、問題の本質はいつもあやふやなまま、なんとなく「ムード」や「高級感」が先行し、それが商品選択の決定的な指標になっているという面も否定できないのが現状です。いずれにせよ、問題を笑って見過ごすわけにはいきません。肌に合わない化粧品を使えば、シミやシワ、ニキピなどのトラブルがどんどん起こってしまうからです。化粧品を選ぶ最大のポイント、それは「自分の肌に合うもの」以外にありません。値段やブランドはいっさい無視するくらいの覚悟がほしいところです。

今もっている肌質の変え方

 自分に合う化粧品を見つけるためには、まずなんといっても、自分の肌質をしっかり見極める必要があります。簡単なことのようですが、結構、誤解している人も多いようなので注意が必要です。皮膚を若々しく保つ自分の肌質を知る方法はいろいろありますが、朝の洗顔後、なにもつけずに顔を指でなでてみるのが簡単でわかりやすいでしょう。指の腹がベタつくようなら脂性肌、カサつくなら乾燥肌、ツルツルッとすべるようなら普通肌です。一般にTゾーンは脂肪分が多く顔の部だけで判断しないように気をつけます。目のまわりや頬などは乾燥しやすくなっています。
肌全体をしっかり見緩め、肌質を間違いなくつかみましょう。なお、季節によって肌質が変わる人もいますから、十分に注意してください!

脂性の人は特にニキビ対策は必要です

 自分の肌質がわかれば、使用すべき化粧品も決まってきます。たとえば、ニキピ対策などにはっきりとした違いがでてきます。ニキピというと、皮脂の分泌が盛んになる思春期に多く見られますが、最近は30代や40代にも多く、60代でも悩んでいる人がいるくらいです。ニキピがこのように「高年齢化」しているのは、全体に栄養状態がよくなって皮脂の分泌が高まっていること、暖房器具が発達して冬でも昔より皮膚が乾燥しにくく、皮脂が分泌しやすいことなどが原因とみられています。
こういう肌を取り巻く環境の中で、脂性の人が脂分を補う化粧品を使ったらどうなるでしょうか。まさにニキビができるのを後押しするようなものです。脂性の人は化粧品で脂分を補う必要はないのですから、それなりの化粧品を選ぶように気をつけましょう。
化粧は長時間しているほど皮脂の分泌を助長しますし、毛穴に脂がたまってニキビの原因をつくります。また、時間がたつうちに分泌された皮脂が酸化し、肌の老化も早めます。脂性の人は早めに化粧を落とすなど、とくに注立が必要です。

乾燥肌の方は保湿効果を考えましょう

 一方、乾燥肌の人は、表皮の表面の角質層に今日まれる水分が少ないのが特徴です。これは年齢とともに皮膚の保湿成分が減少し、また、皮脂の分泌も低下していきますから、ある程度はしかたがありません。そのぶん、保湿効果が高く、脂分も十分に補える化粧品を選ぶようにしましょう。肌質に合わないファンデーションを使い続けていると、肌の水分と脂分のバランスが崩れ、細かいちりめんジワの原因になります。

また、石鹸などで皮膚を強く洗い過ぎると、肌を守ってくれている皮脂膜や角質層を破壊してしまいます。こうなると水分は一層蒸発しやすくなり、皮膚の乾燥が進んで肌荒れを助長します。こうした状況が長く続くと、小ジワができやすくなりますから注意が必要です。
このほか、化粧品などにかぶれやすい敏感肌の人がいます。初めての化粧品を使つたとき、肌がかさついて亦くなったり、かゆみや炎症を起こした経験のある人は、新しい化粧品に梓えるときはパッチテストをするようにしましょう。

お肌に合うかわかるパッチテスト

 パッチテストは、新しい化粧品をまず太ももの内側に、コイン1枚分くらいの広さに塗ります。できれば1日3回、3日間ほど塗って様子をみるのが理想です。それで異常がなければ、耳のあたりの目立たないところに1週間ほど塗ります。なにも異常がなければ、そこで初めて顔に使ってみてください。これでトラブルはかなり回避できるはずですが、それでも異常が出た場合は、すぐに使用を中止するようにしましょう。
普通肌の人も、新しい化粧品、とくに外国製の化粧品を試す場合はパッチテストを行ったほうがいいでしょう。面倒に思われるかもしれませんが、肌にトラブルが起きて治療を受けることなどを考えたら、手間ははるかに少なくてすみます。なにより、肌に安心です。
化粧品を使用するとき、多くの人が「つけ過ぎ」になる傾向が強いようです。毎日使っているうちに、どうしても化粧品に頼る気持ちが強く働くようになるのは無理からぬところです。しかし、化粧品の使い過ぎは、それだけで肌に負担をかけます。化粧品はつけ終わったときに「しっとりしていて、しかも、さつばりしている」のが、使用量の目安です。少しずつ塗っていって、しっとりしてきたら、そこでやめるように習慣づけましょう。

そのためにも、化粧水、乳液、クリームなど、必要なものを単品で購入するように心がけましょう。化粧品会社の販売戦略に合わせてセットでそろえる必要はまったくありません。また、価格に関しても、高価なものが必ずしも効果が高いとは限りません。ブランドなどに惑わされず、使いやすさと、自分の生活に見合った価格のものを選べば、それで十分です。
最後に、どうしても強調しておきたいことがあります。それは、化粧品に過剰な期待を抱かないように注意することです。化粧品は肌のコンディションを整えるためのものではありますが、けっして治療薬ではありません。ひどい肌荒れなどの症状は化粧品に頼らず、皮府科の医師に相談するようにしてください。

-お肌の美容効果

Copyright© ラメラエッセンスを買う前に知りたい悪い口コミから失敗を防ぐ! , 2019 AllRights Reserved.